投稿日:2018.07.17

こんにちは◎

スタッフのMaruʕ•ᴥ•ʔ です!

 

今日は、

オーディションを受ける時のコツ

についてお伝えします☆

 

 

ボーカリストとして、声優として、プロで活動したいと思う場合、

・スカウトされるのを待つか、

・自分から売り込むか(‘ω’)??

 

ざっくりと大きく分けるとすると…だいたいこのどちらかだと思います。

 

例えば、ライブハウスで歌っている時にたまたま音楽関係者が居て、その人の目にとまり、声がかかることもあるかもしれません。

(現代では少ないですが^^;)

 

もしあなたに、絶対プロになりたい!という熱い思いがあるのであれば、

待っているだけじゃ勿体ないです( `―´)ノ

 

自ら売り込む方が、効率も確率もUPしますよ♪

 

まずは、各地で様々なオーディションが開催されていますね。

気になるものがあればまずは受けてみましょう!!

 

オーディションでは歌唱力はもちろんのこと、

その人の表現力・将来性・人間性、熱い思いなども評価の対象になります。

 

また、

オーディション参加時の服装も、多かれ少なかれ評価されています。

 

清潔感、人となり が出てくるところです。

 

人は見た目ではないという意見もありますが、第一印象って…やはりとっても大事(>_<)

 

ルックス

容姿

を磨く努力があれば、元々の素材をキラキラと輝かせられますよー♪

 

 

第一に清潔感のある服装を。

 

「清潔感」

これって、歌手のオーディションじゃなくても大切ですよね。

就職活動ではないので、スーツでピシッと決めていく必要はないです★

 

でも、、ヨレヨレのアイロンのかかっていないシャツ、うす汚れたTシャツ。

整ってない髪。嫌な臭い。

こんなだと、この人色々とルーズな人なのかなという印象を持たれてしまいます。

 

第一印象って、ついてしまうとなかなか覆すのが難しいものなんです…。

 

 シワのないワンピース、シミや汚れのない洋服。

清潔感のある服装で、審査員への第一印象をよくしましょう。

 

裏ワザ=人畜無害な服!

無地!

アナウンサー風の雰囲気なら嫌われにくい。

✤ ✥ ✦  ✪ ✫ ✬ ✭

 

歌いやすい服装を!

 

服装の見た目に気を使っても、意外に忘れやすいのはこれ!

これを忘れちゃいけません!

 

歌のオーディションなので、歌いやすい服装だということも大切です。

服装に気合を入れるあまり、

本番でとても歌いづらくていつも通りの力を出せなかった・・・なんてことになったら本末転倒です(*_*;

 

例えば、ウエストがきついジーンズだと腹式呼吸がしづらいですし、

アクセサリーがたくさんついた重い上着などは肩が凝ってしまいます。

 

変に力が入らず、楽に歌えるような服装が良いでしょう。

 

各オーディションに合った服装を♪

ボーカルオーディションと言っても、様々な種類のものがあります。

 
ロックバンド系のオーディションだったり、
アニソン系アイドル歌手のオーディションだったり、
VOCAL教室FORESTで一番結果を出している声優オーディション、
アナウンサー系のオーディション。

 

例えばロックバンド系のオーディションに、

ふわふわの綺麗なワンピースで行くよりは、

ロックテイストのあるブラック系の服等で行く方が、審査員が今後について想像しやすいので良いと思います。

 

(ギャップ売り、の場合は別、ですよー♪)

 

オーディションの服装だけで合否が決まることは無いですが、少しでも審査員に良い印象や、実践力を感じてもらう方が良いに越したことはありませんね♪

 

Aコースでは、

オーディション対策、

服装、

オーディション用紙の書き方、

受け答え、

などをフルサポートしております。

 

安心して 挑戦していただけますように☆


東京都内最安値!本気でボイトレ・ボーカル教室FOREST(フォレスト)の体験レッスン詳細はここちらから