投稿日:2022.05.23

 

Q1:『VOCAL教室FORESTの印象は?』

似た者同士が集まるといいますが、穏やかな人が集まっている

という雰囲気の教室です。

 

Forestはアニソンが前面に出ていますが、

決してそれだけではないです。

 

皆で集まってもアニメの話題だけということは全くありません。

私は朗読メインですし、隣の席では

ヒップホップの話題で盛り上がっていました。

 

Q2:『ボイストレーナーたちの印象は?』

お稽古事、習い事は "良い先生に巡り合えれば、

ほとんど目的を達成、すでに上達したようなもの"

と言った人がいます。

 

私は歌だけでなく、朗読も習っていますが、

どのトレーナーも具体的で適切な指導をしてくださると思っています。

 

言われたことを守れば、間違いなく上達する、

という信頼関係があります。

 

・MICHIKO先生
「自身でカリキュラムを考案する=そこに反映された課題はすべて経験している」

と考えれば、もの凄い量の経験と、

解決方法について知見を持っていると考えるのが自然でしょう。

実際、解決策の引き出しが非常に多いです。

一度、声を出すだけで、今この場で何をどうすれば良いのかについて、

「聞かなければ」悪いところを直してくださり、

「直したいところがあれば」必ず具体的な答えを得ることができます。

 

そしてそれを直せば(直せれば・・・)、

その場で上達の実感を得ることができます。

 

人柄も「人に寄り添う」気持ちを大切にしていらっしゃることが伝わる方です。

決して「こうしなさい」レッスンではありません。
超初心者の方は、最初は集中してMICHIKO先生に習う、

という考え方もいいと思います。

 

・森先生

歌声の(も!)きれいな先生です。

自身の中に具体的なイメージを持つことができないうちは、

なかなか先に進まないこともあると思いますが、

眼前で歌声のきれいな人のイメージを与えてくれるので、大変ありがたいです。

それに加えて、指導は必ず身体的に具体的な指示がありますから

(こうやって歌ってくださいではなく、身体のここをxxしてという指導)

そもそも何がおかしいのかわからない人でも、

良くなったという実感と、それを継続できる確信が生まれると思います。

また、笑顔が柔らかいので、

接しているとこちらの気持ちも暖かくなり、

いつも笑い声の絶えないレッスンになりました。

 

・松田先生
私の朗読のトレーナーです。

途中から朗読メインになったので、ある時からは、ほぼ、

松田先生に習っていると言っても良いほどお世話になっています。
指導内容は歌同様、イメージ、身体の使い方の両方の観点から、

「今、必要なことは何か」を指導してくださいます。

生徒の進捗管理も行き届いており、

一度、一ヵ所読点の位置を変えて読んだことがありましたが、

即座に変えたことに気づいてくださいました。
発表会に向けて一作品を、3か月間で仕上げたことがありましたが、

録音したものを聞くとレッスン前と後ではまったく違う

と言って良いほどの差が出ました。

 

「音程に関係がない」朗読ですら、

レッスンを受けることで大幅な違いが出てくるわけですから、

松田先生のレッスンは間違いない、自信を持っておすすめできます。

 

「相手に伝わる話し方」について、

ほとんどの人が具体的な方法を知らないものと考えると、

歌手、役者を目指す人だけでなく、

大学生の就職活動の面接の練習にも役立つのではないでしょうか。

ある意味、最も生活に役立つスキルかもしれません。
 以上、3人トレーナーのの印象を書きました。

もちろん、人間の相性の問題は避けられないものですが

少なくとも私は3人のトレーナーを

一度として苦手だと思ったことはないです。

 

 

 

Q3:『通い始めてどんな変化がありましたか? 』

レッスンで直されたこと、

教えていただいたことを守ったことで、

間違いなく朗読、朗詠がうまくなりました。

録音されたものを聞けば、説明不要なほど明らかです。

 

Q4:『歌を習い始めようと思ったきっかけや、夢はなんですか? 』

何点かあります。

・好きな文学作品を読んで、聞き手に心地良い時間を過ごしてもらうため。

・和歌を朗詠する時、その場にいる人には、

良い声で聞くことができて良かったと思ってもらうため、

作者には、自分の歌を大切に詠んでもらったと思ってもらうため。

・息子たちに、父親が良い方に変わったのだから、

自分たちもそうしたいと思ってもらうため、です。

 

 

良い声は自分自身の魅力を高めるだけでなく、

聞き手を幸せにすることができます。

深夜ラジオ番組で、美声のナレーションを聞いて、

心地よい時間を過ごした経験があると思います。

 

自分の声で、人に心地よい時間を過ごしてもらうことができたら、

こんなにうれしいことはありません。

 

 

私は寺社で和歌を朗詠する機会があります。

何回かに一回、その場にいらしたお客様が

即興で作られた和歌を読み上げることがあります。

 

その時、自分の奉納した和歌が、寺社で大切に扱われ、

素晴らしい声で読み上げられるのを聞くことができて嬉しかった。

そう思っていただくために習い始めました。

 

Q5:「VOCAL教室FORESTのおすすめポイントを教えて下さい」

いっぱいありますね。

 

まずはレッスンの観点から。

自分のしたいことがあれば、それに対応してくれる柔軟さです。

Forestはアニソンを前面に出していますが、私は朗読をメインに習っています。

ある時は、東京校歌祭の本番前だったので、

突然その日だけ、校歌をレッスンしてもらったこともあります。

 

歌をうまく歌えるようになりたいとか、

どうしてよいかわからないという場合は、

基本のカリキュラムに沿えば安心です。

 

 

それに沿いながら、特にここは重点的に直したほうが良いとか、

ここはできているからサラリと流すといった対応をしてくださるので、

無駄が少なくて済みます。
レッスンスケジュールもトレーナーも、

決まった曜日の決まった時間の決まったトレーナーではなく、

空き時間に予約できるため、

自分のペースに合わせて無理なく受けることができます。
次に、雰囲気の観点から。
Q1のVOCAL教室FORESTの印象は?にも書きましたが、

大変雰囲気の良い教室です。
ボーカル教室フォレストの10周年ライブの最後に、

MICHIKO先生に対して

生徒全員がビデオメッセージを流したことがあります。

 

 

MICHIKO先生に気取られないように、

森先生、松田先生が企画、

生徒全員がレッスンの合間に協力したものでしたが、

 

それを見たMICHIKO先生は泣いていました。

それを見て、一緒にもらい泣きしている生徒が何人もいました。

 

また、ある年の新年会の三次会では、

カラオケボックスに行ったとき、

メンバーの一人が「レッスンの課題曲の『上を向いて歩こう』を

みんなで一緒に歌おうよ。

きっとMICHIKO先生喜んでくれるよ」と言って、

皆で一緒に歌ったことがありました。

 

 

パワフルに大盛り上がりするだけが、楽しい、ではない。

そんなことも気付かせてくれる、優しい気持ちを持った人が集まる教室です。

 

 


東京都内最安値!本気でボイトレ・ボーカル教室FOREST(フォレスト)の体験レッスン詳細はここちらから