さて。今日は、一緒に

課題曲の練習方法を考えてみましょう


「この曲をカラオケでかっこよく歌いたい!」とか
 
「裏声の練習をしたいから、あの曲を練習したいな~」
 
 
とか、

『練習(歌)として』

 
JPOPやアニソンのアーティストの既存曲を
歌いたいと思ったことがある方は
 
必見ですヨ☆(‘ω’)
 
................
 
 
私は、学生時代、
ある高音をウリにしているアーティストが好きでした!
 
(※Mから始まる、超高音域が出せる、90年代の
あのアーティストです。これだけでバレちゃいそうですね※
 

MISIA

m-flo

MAX

Mariah Carey

 
さあどれでしょう?(笑))
 
 
 
 
 
それはさておき。(;'∀')
 
 
その人みたいに高音を出したいと思い、
その人の曲をひたすらカラオケで
歌っていました(*´з`)
 
でもね、
 
 
 
それはハタチそこそこの時で、
ボイトレをはじめる前だったので、

間違った発声方法で歌い続けた結果、

喉を傷め、つぶしちゃったんです(;’’)!

その後、ちゃんと、都内でボイストレーニングを見つけ、
習いに行き、目標としていた、その高音が
無事に出せるようになりました◎
 
喉もかすれなくなってきたので、本当にうれしかった!
そのとき、
ボイストレーニングって本当に大事だなって思いました()
独学だと、時間もかかってしまう、痛めてしまう恐れもあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、そんな、ボイトレ経験をお持ちのアナタにも♪

↓課題曲を練習する時に、オススメな方法を

いくつかご紹介しますね↓↓

 
 
《1》まずは、原曲をリピートして聴きまくる!
ひたすら原曲を聴きまくることって、
声を出さなくても、
大切な練習の1つなんですよ(*^^)v
 
 
まずは、その曲の世界観が
感じ取れる。
 
歌詞への解釈が深くなる♪
 
 
それから
曲をしっかり覚えたつもりでも、
 
数回聴いたくらいだと、細かいリズムや
音を案外覚えられていなかったりするものですが、
 
何度も何度も聴いていると、ボーカル以外のパート
も耳に入ってくるようになります。
 
 
 
こんなところに、バイオリンが入っていたのか!!
とか、そんな発見も出てきて、
 
大好きな曲が課題曲だとしたら、
より深く知ることができた瞬間
 
うれしくなりますよ♪
 
 
 
今回はギター目線で聴いてみようとか、
次はドラム目線で聴いてみよう等と、
各パート目線になって聴いてみるのも良いです。
ボーカルに対して
こんな風にギターのメロディーをかませていたのか!
とか、
ボーカルのキメポイントに、ドラムがこんな風に絡んでいるから、
ノリが出るのか!などの発見があるはず☆彡
 
 
《コツ2》原曲を流しながら一緒に歌ってみる 
 
裏ワザ1:必ず、歌詞でなく、一音で歌って、音程とピッチを整える。
 

歌詞でいきなり練習しても、脳は、文字を追ってしまい、

正確なメロディーを聞き取り、良きピッチで歌う訓練

にはなりづらいものです。

 
 
(※ピッチの話については、このブログ内を読んでみてね)
 
 
 
一音法で歌い(当教室では、「ワンWord歌唱法」と呼んで、
生徒のみんなは練習しまくっていますよ♪)、
 
しっかりとピッチが安定してきたら、
ようやく、歌詞で歌うのです。
 
一見、遠回りに見えるかもしれませんが、
 
実は、ほんとーーーーーーーーーーーーに時短☆彡

より早く上手に
なるのでやってみてほしいです。
 
(やり方がイメージできない方は、
 

体験レッスン(無料)問合せ

 
ページで、ワンWord歌唱法が知りたい!
と書いてくれればOK!!
 
 
課題曲を練習して慣れてきたらね、
敢えて原曲と違うメロディー・リズムで歌ってみるのもありです。
 
 
 でも、最初は課題曲に対して、
完全コピーを目指して練習してみましょう♪
 
原曲を流しながら一緒に歌うと、
メロディー・リズムが原曲通りに歌えていれば、
 
自分の声と原曲のボーカルの声がぴたっとはまるので、
原曲のボーカルが聞こえづらくなるのがポイント。
 
逆に原曲のボーカルが鮮明に聴こえてくる箇所は、
メロディーかリズムが原曲通りに歌えていないので、
 
そこを部分的に練習することをオススメします♪
 
裏ワザ2:聞き取りにくい場合は、耳に手を
歌ってみて。
 
 
《コツ3》譜面を見ながら歌う
 
譜面は本で出ている場合もありますが、
今はネットにも結構載っているんですよ。
 
 
 
でも、それはオススメできませんから、
 
もっと、現代的で、わかりやすいのは・・・・・・
 
カラオケアプリなどをゲットして、
(たまにYoutubeにも出ている場合あり♪)
 
音程のバー
を見ながら歌うと、耳コピでは
 
聞き取れなかった細かいメロディーやリズムが、
目でみて確認できるのでイメージしやすくなります!!
 
 
 
私は、楽譜が無い場合には、
何度も細かく聴きながら自分で五線譜に
音符を書いていきます。
 

シンガーソングライター

の方など、楽譜になれている
人にはオススメですよ(*‘∀‘)
 
 
 
 
................
 
 
 
まだまだ、練習方法はいーーーーーーーーーーっぱい
 
あり、いろんな裏ワザが得意なのがFORESTですから
 
各地から沢山の方が、ここ『音楽の館』にいらしています♪
 

早く・わかりやすく・安く

 
をキーワードにお探しの方にはオススメですよ☆彡
 
 
 
 
今日書いた、ワンWord歌唱法は、だれにでも
 
出来る方法ですから、ぜひ今日から始めてみて下さい!(^^)!
 
 

東京都内最安値!本気でボイトレ・ボーカル教室FOREST(フォレスト)の体験レッスン詳細はここちらから