投稿日:2018.08.11

「あ、またお菓子置いてある〜」

「今回は北海道土産だぁ」

 

いつも大人数が受け取れる大箱が

ボイストレーニング教室の 出入り口に並ぶ。

北海道限定 チョコとチーズ味のミニケーキ

御門屋のおかきと揚げまんじゅう

 

八天堂のクリームパン

 

♪♫♬♫♪♫♩♬♫♪♬♩

 

あるレッスン終わりに、

生徒さんが呟いた˳˚

 

「こんな教室みたことありませんね」

 

「ピアノ教室も、英語も…そういうのを

置いてるのすら、見たことないです」

生徒談。

 

たしかに…私も思う。

 

常に、習う側の生徒さんの目線にたつため、

この教室を開いてから尚今も

さまざまな習い事をしているが、

こんなにお菓子や差入れの贈り物が

ある状態のスクールを見たことが無い。

 

なぜなのか?

 

それは、 VOCAL教室FORESTが

始まった当初 (9年前)からである。

 

皆さんはPay it fowerd という映画をご存知でしょうか?

善良な心の連鎖。

生徒さんからのお土産や、差入れは

そんな連鎖で起きている。

 

通常だと...

生徒さんからのお土産→貰ったトレーナーが戴く事が多い様子。

 

それが…

 

 生徒さんからのお土産→全トレーナーと全生徒で分けるお裾分けタイプ。

 

♪♫♬♫♪♫♩♬♫♪♬♩

そうすると、戴いた方たちが

それをお返ししたいという気持ちから、

 

(トレーナーも生徒さんも)また、

何か差入れを(旅行ついでに)買ってくる。

 

お気遣いなく、とお声がけしても尚。

 

その、そんな気持ちの連鎖が どこよりも

多いと思われるボイトレ教室だと思う。

 

(#^.^#)

生徒さん達と分け合って

「お土産とってってね」と 声をかけあう

気遣い、 ホスピタリティ精神。

 

これこそが、ヴォーカルスクールFOREST

が目指す ひとつの 方向性である。


東京都内最安値!本気でボイトレ・ボーカル教室FOREST(フォレスト)の体験レッスン詳細はここちらから