とても沢山のアクセスをいつもありがとうございます。
一生懸命この【声のコラム】を書いている私たちも
みて下さっている方がいるととっても嬉しいです♪

そして、おかげさまで無料体験レッスンのご応募も多く、
『目から鱗!』『こんなの他で習ったことない!』と
ほとんどの方が入会されるので驚いています☆彡

今日は、人気だった、声の種類について。
じつは、声の種類は結構沢山あります

ファルセットって何?ヘッドボイスって何?裏声の出し方

チェストボイスとは?いったい何だろう?

ミックスボイス、ミドルボイスについて一緒に考えてみよう♪

ホイッスルボイス、エッジボイスって聞いたことあるけど何だろう⁇

でも、なんだか本で見たのと違うぞ?
ということはありませんか?

ネットのウェブページごとに違ったり、
youtubeごとに違っていたり、

ボイストレーナーや教え方によっても
少しニュアンスが違う場合もあります。


また、海外と国内の違いによって、
区分けが違う部分もあるようです。


それをふまえた上で、<一般的に>
で、声の種類を、お応えしてみますね。



まず最初に、<チェストボイス>を
いわゆる地声(表声)…つまり
おしゃべりの時の声。

そうすると、裏声というものがあり、
こちらは<ファルセット>と呼ばれます。


悲鳴みたいな高い声のことです。
ソプラノ歌手をイメージしてみると
解りやすいかもしれません。


そして、ミックスボイス。


こちらは、ボイトレで習得して欲しい
最高峰の声、と考えてみて下さい。


ミックスボイスは、

たとえるなら
表声でも裏声でもなような声色(こわいろ)。

息もれのある声色で、声帯も
バランスよく開いている状態。

平井堅さんの歌声などを
きいてみるとわかりやすいかもしれません。


エッジボイスなんかも平井堅さんが多用していますね。


歌詞のアタマにジリジリとしたひっかかりを
つくったような声です。

↑の四つのページを読んでも
まだわからない(><)という方は、


youtubeで検索すると、
実際の声の出し方が聴けるので
オススメですよ♪

もちろん当教室の体験レッスンでも
様々な声の出し方をたった一瞬で

教わることができちゃいます。

習得までに時間が掛かる場合は、
おうちでの練習方法もレクチャーします◎

コンスタントなトレーニングで
誤った声の出し方をしていないか?
チェックしながら行っていくといいです。

声の種類 パート3、いつやろうかな?
ご希望があったら、問合せページから
これ書いて!とメッセージくださいね☆彡


東京都内最安値!本気でボイトレ・ボーカル教室FOREST(フォレスト)の体験レッスン詳細はここちらから