今回はホイッスルボイスとエッジボイスについてです。

まず、ホイッスルと言えば『笛』ですよね(*´з`)

ホイッスルボイスは笛のような音で、

超高音域の声を出す時に使いますが、

使いこなせる人は少ないと言われています。

日本人の歌手でホイッスルボイスを
使うことで有名なのは、

 

MISIAさ!!

清貴さん、DIR EN GRAYの京さん等です。

海外だとマライア・キャリーさん等が有名です。

 

次に

エッジボイスはどのようなものかと言うと、

よく言われているのが「呪怨」の中の

『あ“-あ”-』というような声です。

 

ホラー映画ではよく聞かれるような声です。

 

エッジボイスを多用してるアーティストと言えば、

平井堅さんあたりが有名ではないでしょうか◎

 

歌い出しのあたまの部分で使うと、

とてもセクシーに聞こえますね♪

 

今回は『ホイッスルボイス』と『エッジボイス』ですが、

一見2つの声は全く違うものだと思うかもしれません。

しかし、な なんと、密接な関係があります。

 

ホイッスルボイスの感覚を掴む為に、

まずはエッジボイスを習得しましょう

 

かっこよくホイッスルボイスを出したいから、

高音域の練習をひたすらしよう!

と思っている方は、ちょっとお待ちください。

 

ホイッスルボイスを出す感覚をつかむ為には

まずエッジボイスを練習すると良いんです。

 

何故かというと、このような流れだから★

1、 エッジボイスができるようになる!

2、 1をまるで後ろ側に上げていくような感覚で声を出す

3、 2をどんどん上にあげていく(ゆっくり)

4、 途中で笛のような声になる箇所が見つかる

 

これがホイッスルボイスを習得する方法のひとつ♪

 

エッジボイスで声帯の閉鎖を

きちんとできるようになると、

 

高音域もかすれずに出しやすくなったり♪

やったね☆彡

 

<さきに、エッジボイスを練習してみましょ>

 

エッジボイスは、わかりやす~くかくと

映画・呪怨で出てくるようなあの声です。

 

ジリジリじりじり・・・・・・

 

これは声帯が閉じた状態(=声帯閉鎖)

で出すことができます。

 

******************

 (※やり方を間違えると喉を痛める

場合があるので、注意して下さい。

******************

 

もちろん、ボイストレーニングで正しいやり方を学べますよ。

ボイストレーナーと一緒にやってみましょう♪

 

方法その1:

1、 『あ』の音を、楽にだせる音域で出します

2、 そこからゆっくりと低音に向かって声を出していきます

3、 そのうち『ガラガラ』した音が出てきます。

これがエッジボイスのカンタンな出し方です(‘ω’)ノ

 

こんどは、エッジボイスからホイッスルボイスを出してみましょう!

冒頭にも書いたように、

ホイッスルボイスを使いこなせる人は少ない

と言われています。

 

なかなかうまくいかなくても、ほぼ使う頻度はないと

いっても過言ではありませんから、、、思い悩む必要は無いです☆彡

 

根気よく練習し、出すことができたらラッキー♪

くらいに思う方が、ストレスなく続けられると思いますよ~!

*********************

 

 

ではでは ここからは♪ もういちど

ホイッスルボイスの出し方です。

1、 エッジボイスを後ろ側に上げていくような感覚で声を出す

2、 1をどんどん上にあげていく(ゆっくり)

3、  途中で笛のような声になる箇所が見つかった!

 

この他にもきっと

個人個人によって、出しやすい方法があるはずです☆彡

 

独学も良いですが、ボイストレーニング教室では、

その方法を効率よく時短で、身につけることができますよ♪

 


カラオケうまくなりたい!!

新宿近辺で歌を習える方法はないの??

 

という方などには、当教室の

中野坂上のボーカルスクールFOREST

とくにおすすめです(^^♪

 

 

6、7名のトレーナーが、あらゆる角度から

あなたの目的がキチンと学べるよう対応するからです♪

************************

それでは、本日の最後に

こちらの映像で一緒にエッジボイスの練習を

行ってみて下さい♪

・・・・・・・・

このコラムが少しでも、
皆さんの参考になれたら幸いです☆彡


東京都内最安値!本気でボイトレ・ボーカル教室FOREST(フォレスト)の体験レッスン詳細はここちらから