今日のボイトレプチレクチャーは…

ファルセット、ヘッドボイス

について(^_−)−☆

 


新年の目標、高い声を出したい!!


そう思う人はとても多いと思います。

 

実際にボイストレーニングを始めたい!と思ったきっかけが

「高い声を出したいから」という声も多く聞かれます。



地声で高い声も出したいけど、

やっぱり裏声でも高い声を出したい!!


そう思っている人も多いハズ(^_−)−☆


ひとことで裏声って言っても、

そんな単純なものではなく、

 

出し方によって様々な名称がついていたり、

発声方法も異なります。

 



裏声の種類①「ファルセット」について


ファルセットって言葉は聞いたことがありますか??


わかりやすく言うと、ソプラノ歌手みたいな…

ザ・裏声って感じの声で、

誰が聴いても「あ、裏声だね」と感じやすいかと思います。

 

一口にファルセットと言っても、

強目に歌ったり、または囁くように歌ったりと、

様々な表現が可能なんです☆〜(ゝ。∂)


ファルセットをそうやって使い分けられるようになると、

男性も女性も更に歌に魅力が増します^^

 

特に近年は男性のファルセットが目立ちますよね(*´-`)

やはり、声の世界にも流行り、というものはあるんです♪

 



基本的には、地声では出ない音域の時に使用したり、

地声で声を出せる音域だけど、表現方法として

一瞬ファルセットに切り替えたり…

といった用途で使いますよ(*´∇`*)



また、ファルセットと地声を出す際に使う筋肉が違うので、

バランスよく筋肉を使う為に、

地声とファルセットと両方を同時に鍛えていくことも、

喉を緩めるためにも良いと思います◎



ファルセットが上手な歌手といえば…

 


このファルセットが上手な日本人歌手といえば、

岩崎宏美さんや森山直太朗さんなどでしょうか。

 

お2人とも、地声で出る音域を敢えてファルセットで

歌っている時があるので、表現方法としても

取り入れていらっしゃるのでは♪


裏声の種類②「ヘッドボイス」について

 

皆さん、ヘッドボイスって言葉も

聞いたことがありますか??


これも裏声の1種ではあるので、「太い裏声??」と思うような声だったりします。

ザックリいうと、強めの裏声というような印象です。

ファルセットよりも、声に芯があるような印象です。


何でファルセットより芯があるように聞こえるかというと、

ヘッドボイスの方が息の漏れが少ないからです。



息の漏れが少ないということは、声帯がファルセットの時よりは閉まっているってことになりますが、

息の漏れが少ないので安いと言う方も多くいらっしゃいますよ(*´∇`*)

 

ボーカル教室フォレストでは、裏声のレクチャーが

とてもとてもうまい先生が複数いるので、悩んでいる人は

魔法のように出ちゃう裏声体験を受けてみて(^○^)


先程、ヘッドボイスはファルセットより

声帯が閉まっていると言いましたが、


これを意識するよりは、裏声を頭の方に響かせる…

という意識を強く持って練習した方が

上手に出せるかもしれません。



ヘッドボイスが上手な歌手といえば…


ドリカムの吉田美和さんやアンジェラ・アキさんなど

ではないでしょうか。


自然にヘッドボイスを使っているので、地声っぽく

聞こえる部分も多々あります。

 

アニソン畑だと、

LiSAさんや水樹奈々さんもそうですよネ★

 

いずれにしても、どの歌手の方も

あらゆる声を、歌の表現に合わせて

使いこなしているところがポイントですね♪

 

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•

高い声の出し方に悩んでいる方にもオススメ♪

東京のポップ(J-POP)やアニソンのボイストレーニング

といえば VOCAL教室FOREST★★

 

無料体験レッスンを受けて、

すぐにわかる高音をゲット

してみて下さいね(*´∇`*)


東京都内最安値!本気でボイトレ・ボーカル教室FOREST(フォレスト)の体験レッスン詳細はここちらから