ところで、チェストボイスって

言葉を聞いたことってありますか??(^-^)

チェストボイス

チェストとは胸のことですよね。 ボイスは声のことです。

胸の声??胸を使う声? 何だろうって感じですよね(;^^)

なんだか難しそうな感じがしますが、

今回はチェストボイスについて♪♫♬♫♪

 

★チェストボイスは、話し声とはちょっと違う!

 

そもそもチェストボイスって何でしょうか??

チェストボイスは普段、 話す話し声と言われることもありますが、

 

それと歌う時のチェストボイスは ちょっと違います。

 

普段話す声もカラオケやライブで 歌う時の声も基本的に声なのですが、

 

歌う時のチェストボイスは

鼻腔や口腔へ共鳴させながら発声します。

 

でもそれだけだと、 肝心の「胸(チェスト)」が出てきていないけど???

 

はい、勿論、胸にも響かせますよ。

 

諸説ありますが、大まかにいうと、

鼻と胸と両方を響かせて出すのがチェストボイスなのです(^-^)

 

確認する為には、片方の手で鼻を触り、

もう片方の手で胸や鎖骨の辺りを触ってみて下さい。

 

両方響いていればまずはOKとしてください◎

 

チェストボイスを行う時には、喉が閉まらないように注意( `―´)ノ

 

そして、前項でチェストボイスを行うには

「鼻腔と胸や鎖骨辺りの響きを意識」と言いましたが、

もう1つ大事なことがあります!

それは喉を閉めずに開いて歌うことです。

どの音域を歌うにしても、喉は閉めずにリラックス

させることが大切(^-^)

 

普段話しをする音域は高くないので、

 

低音域を歌う時は油断しがちなのです)^o^(

 

日本語は特に!喉を締めがちな話し方をする言語なので、

 

日本人は外国人に比べて喉を絞めて歌いがちなのです。ご注意を。

★チェストボイスは、低音を出すのにも必要です。

 

音域には低音域・中音域・高音域とありますが、

チェストボイスは特に低音を力強く出すのに必要です。

 

低音が出しづらい人は、 チェストボイスを

 

意識しながら歌うとよいでしょう。

 

★チェストボイスは、低音域以外の音域を出す為にも実は重要なのです♪

 

チェストボイスは低音をだすのに 必要と言いましたが、

 

他の音域を出す為にも鍛えることは とても大切なのです。

 

低音域と高音域は使っている 喉周りの筋肉が異なります。

 

また、その2つの間の中音域に 地声と裏声の切り替えポイントがあります。

声のブレイクポイントと言うやつですね^o^

例えば… 高音を出す為の筋肉が鍛えられて、

低音を出す為の筋肉を鍛えていないと…

 

切り替えポイントの付近の声が か細くなったり、

ブレイクして、 うまく出せないのです。

 

換声点とも呼ばれるのがブレイクポイントです。

この付近の声を出すには、

ミックスボイスをうまく使う必要がありますよ(^-^)

 

ミックスボイスを出す為にも、

チェストボイスを鍛えることは大切なのです!

 

難しい事は、目で読んで頭で覚えるよりも、

体で体得する方が、絶対にわかりやすい★

 

体験レッスンは、ホームページのフォームより

 

いつでもお問い合わせください♪

 

次回はミックスボイスについて書きますね(‘ω’)ノ

 

bye


東京都内最安値!本気でボイトレ・ボーカル教室FOREST(フォレスト)の体験レッスン詳細はここちらから